西国三十三所 青岸渡寺 日帰りバスツアーにGoToトラベルで参加してみた!

青岸渡寺バスツアー三重塔那智滝 和歌山のお寺

みなさんは西国三十三所のお参り、どのような方法で行かれていますか?

電車などの公共交通機関では行きにくい場所なども多く、私はいつも車で行っているのですが、我が家から一番遠い第一番札所の青岸渡寺(せいがんとじ)、ずっとどうやって行こうか悩んでいたんです。

うちから青岸渡寺までは

車で片道260㎞4時間半

我が家の場合、わんこがいるので日帰りは必須条件!

車の運転が出来るのは私一人、、

という事で色々探していると、西国三十三所の各札所を巡るバスツアーがあるではないですか!

しかもGoToトラベルキャンペーンの対象!

という事で青岸渡寺へのお参りは日帰りバスツアーを利用しました。

今回は参加した阪急交通公社のバスツアーの旅の内容をご紹介していきます。

バスツアーが気になっていたという方は是非参考にしてみて下さいね!

Sponsored Links

阪急交通公社日帰りバスツアー 第1回 青岸渡寺

ツアー料金

今回利用した阪急交通公社バスツアー

■第1回 西国三十三所巡礼の旅(1番)日帰り【JR高槻・枚方発】

大人 10800円

GoToキャンペーン給付金 -3780円


支払金額  7020円

☆地域共通クーポン 2000円分 プレゼント!

と、とてもお得になっていました!

お土産購入が必須という方なら、地域共通クーポンが2000円分もらえますので実質5020円ってカンジですね。

あと、ツアー参加プレゼントも貰えます☆

青岸渡寺バスツアー

☆ツアー参加プレゼント
●観音経本
●西国三十三所巡礼マップ
●納め札(50枚)
●線香、ローソク

私の場合、2人で車で行く場合のガソリン代、高速代、駐車場代など計算すると、バスツアーで行く方が少し安かったです。

スケジュール

事前に知らされていたスケジュールは下記の通りです。

7:00  JR高槻集合
7:40  枚方
●ナカタ食品
●古道歩きの里・ちかつゆ(自由食/お買い物)
●那智ねぼけ堂
●青岸渡寺・那智熊野大社・那智の滝(自由参拝)
20:00~ 各地到着
22:30

ザクっとしてますね、、
も、もう少し詳しく知りたい、、(笑)

ってことで、実際に行ってみたツアー内容を詳しく解説していきまーす!

日帰りバスツアー詳細

集合時間

私の場合、JR高槻から乗車しましたが、

集合時間は 7時 と早め、、

これ“集合時間”と記載されてますが、“出発時間”と思っておいた方がいいと思います。

なので、15分前くらいには到着しておいた方がいいでしょう。

集合場所にガイドさんがいるので受付をしたら、参加プレゼントなどをもらいます。

このご時世なので、熱を測ってもらい、問診票を記入し問題なければ乗車です。

バスの入口に座席表が貼ってあるので、自分の席に着席、全員揃えば出発といった流れです。

☆同行してくれるスタッフさん
バス運転手さん 2名
●添乗員さん   1名
●先達さん    1名
※往復約569㎞の道のりという事で、運転手さんは交代できるよう2人体制でした。これは安心ですね!

枚方から乗車する方は集合時間は 7時40分 です。

枚方は関西医科大学附属病院の前がピックアップ場所でした。

今回のツアー参加者は計28名
キャンセルが出たとの事だったので、おそらく30名の予定だったと思います。

一人で参加されてる方も沢山いらっしゃいましたよー。

気になるコロナ対策もしっかりとされていました。

●バスの入口にアルコール消毒液を設置
●ツアー客全員に、ポケット除菌ウエットティッシュの配布
●バス車内を10分ごとに換気
●バス車内は基本飲食禁止

 

紀ノ川サービスエリア

■休憩時間 15分

一つ目の休憩場所は紀ノ川サービスエリアでした。

枚方を出発して1時間半くらいでしょうか。

焼き立てパンがいただけるベーカリーショップや、土産物売り場もありますのでお買い物も出来ます。

青岸渡寺バスツアー紀ノ川サービスエリア

青岸渡寺バスツアー紀ノ川サービスエリア

紀州梅の里 なかた

■買い物時間 20分
■地域共通クーポン使用可

紀ノ川サービスエリアから1時間半くらい

スケジュールにあった謎の(笑)“ナカタ食品”とは、梅干し屋さんでした~。

中田食品さんの本社工場敷地内にある直営売店で、梅干しや、梅酒など梅製品が購入できます。

青岸渡寺バスツアー紀州梅の里なかた

お店もお手洗いもとてもキレイで、コロナ対策も徹底されていました。

青岸渡寺バスツアー紀州梅の里なかた

立派な梅干しがたくさん!試食も出来ます。

青岸渡寺バスツアー紀州梅の里なかた

梅酒もにごりや、スパークリング、ワインなど色んな種類があり、どれも美味しそうです。普段は試飲もされてるそうですが、今はコロナ対策で休止中との事。

他にも、梅ジャムや梅ジュース、練り梅、ふりかけなど色んな梅製品が売ってます。

 

お店 紀州梅の里 なかた
営業時間 9時~17時(年中無休)
HP http://www.nakatafoods.co.jp/
住所 〒646-0216 和歌山県田辺市下三栖1475
Map

 

古道歩きの里 ちかつゆ

■お昼休憩 45分
■地域共通クーポン使用可(食事不可)

紀州梅の里なかたから35分くらい

ここで自由昼食休憩となります。

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

ここで食べたい人はお昼ご飯をいただきます。

食券を購入するタイプなので地域共通クーポンが使えません。

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

ツアー客30人が一気に来るので結構混み合います。

食券購入が遅くなるとなかなか食事が提供されず、待ちぼうけで時間をロスしてしまうので、出遅れた場合は先にお買い物をして、空いてから食事にしてもいいもかですね。

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

熊野牛の他人丼900円をいただきました。とても美味しかったです。

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

お土産コーナー

お菓子などのお土産物や、手作りのお餅、カゴやお椀などの工芸品などもたくさん販売していました。

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

なぜだかうさぎ小屋があり、かわいいうさぎちゃんがいます!
手前の子はちょっと怖がりちゃんの女の子。左のうさちゃんのお母さんとの事!

青岸渡寺バスツアー古道歩きの里ちかつゆ

この子は甘えん坊で、なでなでしてほしいと紹介文が書いてあったので、なでなでさせて貰いました♪

めちゃくちゃかわいい♡

 

お店 古道歩きの里 ちかつゆ
営業時間 9時~17時
フードコート11時~15時半
HP http://www.chikatsuyu.jp/
住所 〒646-1402 和歌山県田辺市中辺路町近露1810-1
Map

 

那智ねぼけ堂

■休憩時間 15分
■地域共通クーポン使用可

古道歩きの里ちかつゆから1時間20分くらい

お土産ショッピングとトイレ休憩です。

青岸渡寺バスツアー那智ねぼけ堂

創業嘉平元年と、とても歴史のある御菓子屋さんです。

黒飴どら焼きとか黒飴餅とか黒飴、黒糖系の商品がたくさんあります。

青岸渡寺バスツアー那智ねぼけ堂

添乗員さん曰く、ここの名物は「黒糖かりんとう饅頭」との事。

ここの「黒飴ソフトクリーム」食べたかったんだけど、時間もないし、バスに酔っちゃうので我慢です。。(悲)

めちゃくちゃおいしそー!

ここはお土産物販売だけでなく、近海の新鮮な生まぐろを使った“生まぐろ丼”などのお食事もいただけます。これも美味しそうです!

 

お店 那智ねぼけ堂
営業時間 8時15分~17時(年中無休)
HP http://www.neboke.com/
住所 〒649-5302 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々3434-1
Map

 

熊野那智大社別宮 飛瀧神社

■観光時間 30分

那智ねぼけ堂から5分くらい

133段の階段を下りて行きます。

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社別宮飛瀧神社

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社別宮飛瀧神社

後ろに見えているのが那智御瀧!世界遺産です。

那智滝自体が御神体なので本殿はありません。拝殿もなく、直接滝を拝みます。

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社別宮飛瀧神社

お滝拝所舞台まで行きたい方は自由です。(大人300円)

お滝を一番近く、真正面で拝観でき、“延命長寿の水”と伝えられている滝つぼのお水を飲むことも出来ます。

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社別宮飛瀧神社

帰りは登り133段!

青岸渡寺バスツアー表参道

次の青岸渡寺までは歩いて行けますが、時間短縮の為でしょうか、表参道入口近くのの駐車場までバスで移動してくれます。

 

神社 熊野那智大社別院 飛龍神社
HP https://kumanonachitaisha.or.jp/
住所 〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
Map

 

青岸渡寺

■観光時間 青岸渡寺+30分くらい
■地域共通クーポン使用可
 那智山観光センター
 和か屋本店
 茶房珍重庵 那智山店

飛龍神社から3分くらい

青岸渡寺バスツアー表参道

表参道から青岸渡寺までは467段の階段!!

先達さん、ツアー客の皆で一緒に歩いていきます。

第一番札所の青岸渡寺!

本堂でお参りの後、先達さん、ツアー客の皆で読経をします。読経後、

住職の説法が聞けます!!

これはツアーならではですね。今回のツアー参加者の為にご住職がお話しいただけます。

終わったら自由行動です。

バスの集合時間まで30分くらいあるので熊野那智大社三重塔、お土産屋さんなど見て回ります。

駐車場まで戻るのも時間がかかるので、そんなに余裕はないです。

青岸渡寺バスツアー

本堂は重要文化財です。

青岸渡寺バスツアー那智滝

青岸渡寺からは三重塔那智の滝も見えます。

青岸渡寺の御朱印

御朱印は添乗員さんが代行して貰ってきてくれます!!

移動中にあらかじめ代行希望を募りますので、希望者は御朱印代の300円を支払います。

御朱印帳笈摺(おいずる)は代行可能ですが、掛け軸は代行出来ないとの事でした。

もちろん自分で直接御朱印を頂く事も可能ですが、バスツアーや団体の参拝者が沢山到着していたりすると、納経所が機能しなくなる様な事もあるので、代行をお願いした方が確実かと思います。

以前、個人で行った西国三十三所の別の寺院で御朱印を頂くのに1時間半並んだことがあり、その時バスツアーの方の御朱印は別枠で優先して書かれていたので、代行を頼んでいなかったツアー客の方は1時間半並ぶ事は出来ないので御朱印を貰えなかったと思います。

青岸渡寺バスツアー御朱印

補陀洛ふだらくや きしなみは 三熊野みくまの
那智なちのおやまに ひびく滝津瀬たきつせ
青岸渡寺(せいがんとじ)
山号 那知山(なちさん)
札所 西国三十三所第一番
宗派 天台宗
御本尊 如意輪観世音菩薩
真言 おん ばだら はん どめい うん
創建 仁徳天皇御代(313~399)
開基 裸形上人

 

寺院 青岸渡寺(せいがんとじ)
拝観時間 5時~16時30分
拝観料 境内自由
駐車場
HP http://www.kumano-sanzan.jp/
住所 〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8番地
Map 

 

熊野那智大社

青岸渡寺のお隣が世界遺産熊野那智大社です。

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社

主祭神は熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)別名(イザナミノミコト)

青岸渡寺バスツアー熊野那智大社

■大クス胎内くぐり

平重盛の御手植えと伝えられる樹齢約850年の樟。空洞化した幹の中を、護摩木(300円)か、絵馬(500円)を持って通り抜けると願い事が叶うと言われています。

 

神社 熊野那智大社
HP https://kumanonachitaisha.or.jp/
住所 〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
Map

 

三重塔

青岸渡寺からは歩いて3分くらい。三重塔に行くなら、順路的に那智熊野大社に行ってからの方がオススメです。

青岸渡寺バスツアー三重塔那智滝

三重塔の上は展望台になっており昇る事も出来ます。(300円)
塔内は4階建てで、なんとエレベーター付き!

 

神社 三重塔
拝観時間 8時30分~16時
住所 〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山 68
Map

 

お土産物屋さん

青岸渡寺の自由時間に立ち寄れるお土産物屋さんで、地域共通クーポンが使えるお店をピックアップしてみました。

茶房珍重庵 那智山店

スイーツ巡礼にもなっている“もうで餅”を販売されているお店です。

もうで餅とお抹茶のセットや、めはり寿司、お蕎麦などもいただけます。

青岸渡寺バスツアーもうで餅

地域共通クーポンはお土産購入にのみ使用可、飲食は不可との事です。

和か屋 本店

那智の滝に見立てた“お滝もち”が有名なお土産物屋さんです。
店内の上がりかまちで、出来立てのお滝もちとお茶のセットなどもいただけます。

那智山観光センター

大駐車場横にある、バス待合所兼お土産物屋さんです。
お土産物も沢山の商品を取り扱っていますし、ちょっとした喫茶コーナーもあり、うどんやソフトクリームなどもいただけます。

青岸渡寺バスツアー那智山観光センター

道の駅 すさみ

■休憩時間 10分
■地域共通クーポン使用可

青岸渡寺から1時間20分くらい

ここは本当は開いてる時間に立ち寄る予定だった様なのですが、17時を過ぎていた為閉まっておりましたのでほんとにトイレ休憩だけでした。

道の駅 道の駅すさみ
営業時間 9時~18時(10月-3月は17時まで)
HP http://www.michinoeki-susami.com/
住所 〒649-3142 和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1
Map

 

紀ノ川サービスエリア

■休憩時間 15分
■地域共通クーポン使用可

道の駅すさみから1時間半くらい

夕食休憩はないので、ここでは皆さんおにぎりやパンなど軽食を買って食べていました。

到着

8時50分頃 枚方に到着

9時20分頃 JR高槻到着

まとめ

サクッとですが以上が日帰りバスツアーのスケジュールでした。

今回初めてバスツアーに参加してみて、個人的に、良かった点、悪かった点を挙げていきたいと思います。

日帰りバスツアーのGoodPoint

長時間運転しなくてよい。
道に迷わない。
移動中、睡眠や読書など時間を有効に使える。
先達さんや他のツアー客の方などと色々情報交換できる。
まとめると、めっちゃラクって事です(笑)
運転してて何が嫌って、道を間違える、道に迷うとか、もうほんっとイヤです!
もう、ナビに騙されたりとか(怒)
そういったイライラとかもなく、移動中寝たり出来るので、家に帰ってからも疲れて眠い!なんて事もなく、ラクです♪

あと、はほんとに西国巡礼の知らなかった事とか、神社仏閣の知らなかった事とか、為になる話とか色々勉強になりました。
これは人との出会い、交流がなければ知れなかった事なのでバスツアーならではのGoodPointですね。

 

日帰りバスツアーのBadPoint

自由じゃない。
いい写真が撮れない。
バスに酔う。
これは当然ですが、バスツアーは自由ではありません。
立ち寄る場所も、時間も全部決まっていますので、「近くに来たので〇〇に寄りたい」とか「お腹がすいたのでここでご飯を食べたい」とかは出来ませんし、興味のないお土産屋さんにも行きます(笑)
私の場合、普段時間をかけてみっちり見て回るので、観光の時間も短く思いました。
は時間がないのでゆっくり撮影してる余裕もなく、とりあえずシャッター押しとけっ!てカンジになってしまうのと、大人数で観光するので写真にツアー客の方がめちゃくちゃ映ってしまうという(笑)
は乗り物酔いする人はツライかもですね。
実は私はバスと船がまったくダメ、、今回も酔い止めも飲んでいったんですが3回ほど「もう無理、限界(涙)」ってなっちゃいました。。

 

以上、日帰りバスツアーの感想でした。

第1回のツアーは青岸渡寺一か所だけのお参りでしたが、他の回のツアーでは2~3ヶ所の札所を巡る旅の内容となっていますので、行きにくい場所などはバスツアーを使ってみるのもいいですね。

※掲載されている情報については最新の情報とは限りません。ご自身で事前にご確認の上ご利用くださいませ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました