西国三十三所22番札所 総持寺 亀の恩返し伝説、亀の背に乗る観音様、料理上達のお寺

西国22番総持寺山門 大阪のお寺
Sponsored Links

西国三十三所22番 補陀落山 総持寺

大阪府茨木市にある総持寺(そうじじ)は、「亀の恩返し伝説」が残るお寺です。

御本尊は亀の背に乗った千住観世音菩薩です。

また、開祖の藤原山蔭ふじわらやまかげが料理の名人として知られていることから、「料理の寺」「包丁の寺」とし、全国から料理人が訪れるお寺としても有名です。

 

亀の恩返し伝説

総持寺は、寛平2年(890)年、藤原山蔭ふじわらやまかげにより創建されました。総持寺には、この開基の藤原山蔭にまつわる「亀の恩がえし伝説」が伝わっています。

今昔物語にも記されている、「亀の恩がえし伝説」がこちら。。。

藤原高房が幼い息子山蔭を連れ太宰府に赴任する道中、淀川で漁師に捕らえられた大きな亀と出会います。高房は「今日は信心している長谷寺の観音の縁日」、と着物と交換に大亀を助け河に放してやります。
翌朝、継母の策略で山蔭が川に落とされたことを知り、河を探すが山蔭は見つからず悲しみにくれた高房が長谷寺の観音に祈ったところ、山蔭が元気な姿で昨日助けた大亀の背に乗って現れたのです。

深く感謝した高房は観音像の造立を発願。その後、志を果たせぬまま亡くなった父高房の志を継いだ山蔭が仏像造立を果たしますが、山蔭もほどなく逝去。その子らが、寛平2年(890年)に伽藍を完成させます。

これが総持寺です。

こうして本尊は亀の背に乗った千手観音菩薩になっているのです。

 

札所情報

総持寺(そうじじ)
山号 補陀洛山 (ふだらくさん)
札所 西国三十三所第二十二番
宗派 高野山真言宗
御本尊 千手観世音菩薩
本尊開帳 毎年4/15~4/21
真言 おん ばざら たらま きりく そわか
開基 中納言藤原山蔭
創建 寛平2年(890年)

 

御朱印

西国22番総持寺御朱印

 

ご詠歌(ご詠歌の意味)

 


しなべて いもわかきも 総持寺そうじじ
ほとけちかい たのまぬはなし
◆ご詠歌の意味◆
すべての人々 すなわち子供からお年寄りまで 
総持寺本尊千手観音様の
観音様は人々の悩み、苦しみを救いますよとの御誓願 
すべての人々が御誓願におすがりします

 

総持寺お参りレポート

西国22番総持寺

ここが総持寺の正面入り口です。ここのスロープを登っていきます。

西国22番総持寺山門

すごいカッコいい山門!

植木もお手入れが行き届いていてお見事!

西国22番総持寺手水舎

スロープを登っていくと、なんかカッコいい手水舎があります。

どうやって使うのかな?ってカンジですよね?!

なんとこの手水舎、水鉢前に立つと自動でお水が出てくるんです!

ハイテク手水舎!! コロナ禍にピッタリですね。

西国22番総持寺手水舎

第一亀さん発見!

よく見ると亀さんが付いています。

西国22番総持寺

階段を挟んで反対側には、これまた大きな亀さんが寺号碑を背負ってお出迎えです。

このお耳のある亀さん、ご本尊の千手観世音菩薩が乗っている亀さんがモデルかな?

 

総持寺 山門

西国22番総持寺山門

階段の上には立派な山門。拝観料は無料です。

車いすの方などは階段を使わず、スロープで境内まで行けるようになっています。

 

西国22番総持寺山門

楼門形式の門。1688年~1702年の建立と推測されてます。

大阪北摂地域で現存する楼門は、勝尾寺(箕面市)、久安寺(池田市)と総持寺の3棟のみ。

西国22番総持寺仁王像

両像ともヒノキとみられる寄木造。鎌倉時代後期~南北朝時代にかけての作品。

ガラスや網が無いので、仁王像がよく見えます。

 

総持寺 本堂

西国22番総持寺本堂

総持寺本堂、山門は、1571年茨木の合戦で織田信長の焼き討ちに遭い、1603年に豊臣秀頼が再建したものです。

西国22番総持寺本堂

本尊の千手観音菩薩は、信長の焼き討ちの際にも焼け残ったことから「火伏せ観音」とも呼ばれ、火除け、厄除けにご利益あると崇敬されています。

西国22番総持寺本堂

御本尊は秘仏ですが、毎年4/15~4/21の一週間開扉されており、拝観することが出来ます。

西国22番総持寺本堂

本堂の賽銭箱の上にも亀さんが!

西国22番総持寺本堂

■なで大黒天
金運上昇、勝運増進の大黒様。
大黒様をなでてお参りします。

西国22番総持寺本堂

■賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)
びんずる尊者は神通力に優れたお釈迦様のお弟子の一人です。
古来より病気やケガなどを持つ方が、自らの患部と同じ所をなでると、治ると云われています。
びんずる尊者をよく手でなでてお参りします。

 

総持寺 境内

西国22番総持寺境内

本堂から見た境内。

西国22番総持寺鐘楼

■鐘楼(しょうろう)
総持寺さんではありがたいことに、鐘を自由に撞くことが出来ます!

◆鐘の撞き方
一、合掌一礼
一、一撞(優しく撞いて下さい)
一、合掌一礼

西国22番総持寺閻魔堂

■閻魔堂(えんまどう)
池に囲まれた閻魔堂。閻魔堂の台座になっている岩も亀の形になっています。

西国22番総持寺

池にはプリプリのかわいい錦鯉がたくさん泳いでます。

水質管理などもあり、エサやりは禁止です。

この池には亀さんもたくさんいるそうなんですが、この日はお目にかかれず。

 

包丁塚

西国22番総持寺包丁塚

包丁の寺料理の寺として知られる総持寺。

包丁を供養する包丁塚には、料理人から主婦までが古い包丁を奉納します。

 

ぼけ封じ 普悲観音

西国22番総持寺普悲観音堂

ぼけ封じ近畿十楽観音霊場めぐりの第六番が総持寺です。

西国22番総持寺普悲観音堂

第一番の今熊野観音寺と第四番の正法寺は西国三十三所巡りの札所でもありますね。

西国22番総持寺

普悲観音から納経所に行く途中、かわいいやつ発見!!(笑)

これは猫ちゃんのしわざだね!?

これを直さずそのままにしてるところがgood!好き♡

 

開山堂(包丁式殿)

西国22番総持寺開山堂

開山堂では毎年4月18日山蔭流包丁式が行われます。

総持寺の開祖、藤原山蔭は料理の名人としても知られ、山蔭流包丁式の開祖。

開山堂には藤原山蔭座像が祀られています。

◆山蔭流包丁式◆
古装束に身を包んだ料理人が、食材に直接手を触れず、箸と包丁だけでさばく伝統の技が披露され、全国から料理人が訪れます。

 

納経所

御朱印受付は8時〜17時です。

建物もとてもキレイで、色々なものを売っています。

西国22番総持寺納経所

江戸時代復刻御朱印

西国22番総持寺納経所

総持寺では希望すれば、江戸時代に押印されていた復刻御朱印をいただく事ができます。

 

西国観音曼荼羅

西国22番総持寺観音曼荼羅

総持寺では西国観音曼荼羅セットを購入する事が出来ます。

台紙と納経札33枚で(3000円税込み)御朱印料は500円

※専用額は別売16000円で申し込み可能

 

お土産など

西国22番総持寺納経所

■かめさんおみくじ 500円
中におみくじが詰められており、紐を引くとおみくじが出てきます。

■亀の恩がえし手ぬぐい 500円
西国三十三所草創千三百年を記念し、絵柄を一新。
「亀の恩返し伝説」の山蔭が大亀の背に乗って現れたシーンの絵柄です。

■花梨等(かりんとう)亀の恩がえし 400円
スイーツ巡礼の参加スイーツです。
プレーン、黒糖、生姜などいろんな種類があります。

■笈摺(おいずる) 1800円
総持寺では笈摺も売っていました。
背文字が南無阿弥陀仏、南無大慈大悲観世音など色々な種類がありました。

 

 

お寺案内

併設カフェ&ランチ ポタラ

西国22番総持寺包丁塚

山門を入ってすぐ右手にカフェがあります。

まだ出来て新しいのでキレイかつオシャレです!

変わった形の屋根は、補陀洛の山並みをイメージしてデザインされているそうです。

ポタラのメニュー

西国22番総持寺カフェメニュー

御膳などは各限定20食の様ですが、盛りだくさんで美味しそうだしリーズナブルです!

ドリンクメニューとソフトクリームはテイクアウトOK。

総持寺は周りにも駅前にもさほど飲食店がないので、寺院内で食事が出来ると便利ですね。

■カフェ&ランチ ポタラ
 営業時間   9時~16時
 ランチセット 11時~14時

駐車場

■駐車台数 20台
■料金 最初の40分300円、以降20分毎100円

西国22番総持寺駐車場

■駐輪場
お寺の正面入口前に駐輪場があります。
原付バイクも駐輪場に駐車OKです。

アクセス

車でのアクセス

■茨木IC→国道171号線6分(3㎞)

電車でのアクセス

■JR京都線 総持寺駅下車 南口から徒歩5分

■阪急京都線 総持寺駅下車 西出口から徒歩5分

 

お寺情報

寺院 総持寺(そうじじ)
拝観時間 6時~17時
納経受付 8時~17時
拝観料 境内自由
駐車場 20台
最初の40分 300円
以降20分毎 100円
HP http://sojiji.or.jp/
住所 〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1-6-1
Map 

まとめ

総持寺は見どころも多く、すごくキレイなお寺という印象です。

施設も新しくされている部分もあるとは思いますが、お手入れが行き届いていて、滞在していてとても気持ちがいいお寺です。

西国巡りの札所の中では、駅からも近くとてもアクセスしやすいお寺ですね。

 

※掲載されている情報については最新の情報とは限りません。ご自身で事前にご確認の上ご利用くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました